Art museum

絵画の鑑賞方法

ゴッホの代表的な絵画

後期印象派の画家で代表的なのは、フィンセント・ファン・ゴッホです。
彼は生前は作品が全く売れませんでしたが、死後絵画が評価され、画家の内面をそのまま描いたような迫真の表現が野獣派やドイツ表現主義といった後世の画家たちに大きな影響を与えました。
ゴッホが本格的に画家を目指すことを弟に伝えて描いた作品は、「馬鈴薯を食べる人たち」という貧しい労働階級の人々を表現したものです。
慎ましいランプの光の中で馬鈴薯を食べる様子は、労働者を讃える宗教的な意志と共感が読み取れます。
強い陰影が特徴的で、人物やフォークなどが闇の中から浮かび上がるように表現され、素朴な題材でありながらも厳粛な雰囲気を出しています。
パリに滞在していた時の肖像画として知られるのが、「タンギー爺さんの肖像」という絵画です。
タンギー爺さんはパリの若い画家たちを応援しており、画材代金の代わりに作品を受け取るなど、経済的に苦しい画家を支えたとされます。
この絵画ではタンギー爺さんは太くて力強いタッチで描かれており、ゴッホの敬愛の念が込められています。
さらに背景は日本の浮世絵も影響を受けており、ゴッホが日本美術に強い関心を持っていたことが分かります。

絵画の鑑賞方法

年間を通じて全国各地で絵画の美術展が開催されています。
日本画、洋画、水彩画、水墨画など様々です。
また絵画の描き方も写実あり、抽象画あり、またまた近代絵画と言われているものもあります。
秋は美術です。
開催される美術展も多いですから、みなさんも一度や二度出かける機会もあるでしょう。
ではどのようにして絵画を鑑賞していますか。
抽象画を見て分かりますか、楽しいですか。
絵画の鑑賞法方はこれでないといけません、というルールはありません。
ですから基本的に自由に感じたまま楽しめばいいのです。
大体絵というのは自由に描くことが大原則です。
絵描きさんも自由に描いています。
鑑賞する方も何にも縛られず自由に見ればいいのです。
その絵が何を主張しているか、何を訴えているかまで突っ込んで鑑賞するようにしてもらえると、絵描きとしてはうれしいのです。
実は絵描きは絵という媒体を使って、何かを主張しています。
何かを訴えています。
訴求力の弱い絵や強い絵がありますが、その絵を見ながら探って、こんなことを言いたいのです。
という風に理解してもらうと大変ありがたいです。
上手に描いてあるだけの絵はつまらないです。
綺麗ですね、上手ですね、では感激もありません。
こういう絵はいっぱいありますが、つまらないですね。
こんなことも思いながら絵を見てもらえるともっとおもしろく鑑賞できるのではないでしょうか。

注目サイト

クオリティNo.1のフラッシュモブ

フラッシュモブ

1万社超の顧客を持つ実績と高い信頼性の翻訳会社です

翻訳会社

塾の名前の通り理数系の科目を教える学習塾になります。

佐々木理数塾で難関大合格

北九州市の不動産・賃貸のことならお任せ下さい

北九州の賃貸情報

新潟市内で代行をお探しなら、お気軽にお電話ください

代行を新潟でお探しなら

価格、成分、染まりやすさ、色などを比較しています

白髪染め ランキング

恵比寿でマッサージをメンズで行くなら

恵比寿 マッサージ メンズ

低価格ハイクオリティーサービスをお約束します。

名古屋で税理士をお探しなら

2016/8/10 更新

Copyright c 2015 Art museum. All Rights Reserved.